Bruno 東京で動画制作なら
ビジネス映像制作専門のポライズンへ

works

富士山フォトジェニ選手権

サイネージで流すキャンペーン動画 サンプル

デジタルサイネージ動画 写真コンテスト開催告知 (1分ver)

動画の紹介

こちらの映像は、電車内のトレインチャンネルや街中のデジタルサイネージで流す「写真コンテストの告知」をイメージして制作したサンプル動画です(動画の尺は1分。動画サンプルなので中身の設定は架空)。

この動画の活用シーンとしては電車内のトレインチャンネル。そして駅構内、街中のデジタルサイネージ、自社のホームページで流すWeb動画など。そして、SNSYoutubeなどでも「認知」という部分で効力を発揮します。

ちなみに、この動画はナレーション有りヴァージョン、1分尺ヴァージョンです。

 

映像の特色

こちらの映像は、「写真コンテストの告知」を美しい写真とイラストを使って印象的に紹介した動画となります。

トレインチャンネルで流す映像を制作する場合、BGMや効果音などの音が出せないので、常に字幕テロップを表示し、見やすく読みやすくする工夫がポイントとなります(※このサンプルではあえてBGM、効果音、ナレーションを入れています)。また、デジタルサイネージで流す動画の場合、映像のテンポが早すぎると電車内でボーっと見ている人が追いつかない場合がありますので、基本的にゆっくりとしっかりと必要な情報が伝わるように制作します。

 

 

動画制作の費用イメージ

概算ですが、このサンプル映像の制作費用のイメージは以下となります。

動画の制作費用・制作料金のイメージとしてご参照くださいませ。

 

費目 金額
▶︎企画・構成費 ¥50,000
▶︎写真素材購入費 ¥30.000
▶︎編集費・加工費 ¥120,000
▶︎音響効果費・MA費用 ¥50,000
▶︎ナレーター費  ¥50,000
★総額イメージ ¥300,000

※1.「音響効果費」は制作した映像にBGMや効果音(SE)など、音の効果をつける重要な作業です。

※2.「MA費(Multi Audio)」は、ナレーションを収録し音響効果のデータとドッキングし調整して映像を仕上げる重要な最終工程です。

※3.ロケ撮影費(カメラクルー)は1日 ¥80,000、ドローン撮影費は1日 ¥100,000という一般的な相場価格で計算。新規の撮影をしないで映像素材を購入して制作を進めることも可能です。

 

 

こちらのサンプル動画の制作範囲は、企画、台本作成、構成、撮影(or映像素材を購入)、編集、音響効果、ナレーションです。

 

動画の用途・目的、業種、映像表現、費用のイメージについては以下にタグ分けしてありますのでご参照ください。

映像制作のことでご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せくださいませ。

用途・目的 /
業種 官公庁・団体
映像表現 実写, アニメーション
費用のイメージ 40万円~

こんな動画が作りたい!こんな映像作れるの?そう思ったら

ポライズンにお問合せください

関連動画

お客様の声インタビュー

ブログ/お知らせ

お問合せ

動画制作・映像制作に関する事は、
どんなことでもお気軽にご相談ください。

土・日・祝休日10:00~19:00

03-6327-0867