Bruno 東京で動画制作なら
ビジネス映像制作専門のポライズンへ

TrueView インストリーム広告(た行|動画制作に役立つ用語集)

2018-10-17

ポライズン > 動画制作に役立つ用語集 > 用語集あかさたな行 > TrueView インストリーム広告(た行|動画制作に役立つ用語集)

TrueView インストリーム広告の例

TrueView インストリーム広告

「TrueViewインストリーム広告」とはYouTubeの動画広告の一つで、YouTubeの動画コンテンツの本編視聴前に差し込まれるタイプの動画広告です。YouTubeを使っている人なら一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。上の写真画像の赤枠で囲んである部分が「TrueViewインストリーム広告」です。

例えば、YouTubeでMr.Childrenのライブ映像を見たい時に、まずYouTubeの検索窓に「Mr.Children ライブ」などキーワードを入れますよね。そうすると検索結果のリスト(サムネイル画像)が出て来ます。そのリストから自分が見たい動画をクリックすると目当ての動画が見られます。本編動画が始まる前に流れる15秒とか30秒とか、長いと2分くらいの動画広告。これが「TrueView インストリーム広告」と呼ばれるものです。

5秒くらい経過すると「広告をスキップ」というボタンが表示され、広告に興味のない人はスキップすることができるタイプのものです。広告主からすると動画広告をスキップされるとつらいかもしれませんが、このタイプの動画広告は30秒間視聴されない限り、広告料金を課金されることはありませんので安心です。

 

TrueViewインストリーム広告の広告主メリット

・動画広告すべてを視聴するか、あるいは30秒間視聴されない限り、課金されない。

・詳細なターゲティングが可能

・入札価格、予算による配信ボリュームが調整できる

・広告の長さに決まりはなく、自由

 

TrueViewインストリーム広告の視聴者メリット

・興味のない動画広告ならば、クリックひとつでスキップができる

 

 

Googleの発表によると、YouTubeに広告を掲載する中小企業の数は過去2年間で倍増しているそうです(2018年現在)。数年前までは、誰もが知っているような大手有名企業の動画広告ばかりでしたが、この1年で名前も知らないような中小企業の動画広告の数が目立つようになってきました。

YouTubeでの動画広告の出稿をご検討の方は、ぜひ覚えておいてください。

 


 

タグ: ,

動画制作実績ご紹介

ブログ/お知らせ

お問合せ

動画制作・映像制作に関する事は、
どんなことでもお気軽にご相談ください。

土・日・祝休日10:00~19:00

03-6327-0867