Bruno 東京で動画制作なら
ビジネス映像制作専門のポライズンへ

テロップ(た行|動画制作に役立つ用語集)

2016-09-10

ポライズン > 動画制作に役立つ用語集 > 用語集あかさたな行 > テロップ(た行|動画制作に役立つ用語集)

美容脱毛キャンペーン4

テロップ

テロップとは、映像制作の編集時に入れる「文字」のことです。例えば、テレビ番組を見ていると、画面の下位置に「ダウンタウン 松本人志」だとか、「その時!!」だとか、「2020年 甲子園球場」だとか、まあ何でも良いのですが…、情報の字幕スーパーが出ると思います。要するに、あれがテロップと言われるものです。

ちなみに、インターネットの辞書で「テロップ」と検索すると、「テレビ画面に、テレビカメラを通さずに文字・図形・写真などを写し出すための送信装置。また、その文字や図形など」…と出てきます。しかし、この説明では、よくわかりません。

ですので…、字幕スーパー = テロップ。そう考えていただいて結構です。洋画の字幕スーパー、あれは要するにテロップです。

 

ちなみに…、の情報ですが。テレビ番組はどのようなスキームで作られているのか…ということも、ちょっとだけご紹介してみます。

ここでの説明は、ある1つの、5分くらいのコーナーVTRだと思ってください。

1)企画する

2)構成を練る

3)ロケハン(撮影場所などの下見)をする

4)ロケ台本を作る

5)ロケ撮影をする

6)当初の構成に沿って、まずは編集をする(取れ高によって随分と内容が変わる場合も多々あり…)

7)白完をつくる
(「白完」というのは、画だけを編集でつないで5分の尺にしたものです。まだテロップが入っていない状態のもの)
(なぜ「白」かというと、テロップが入っていない真っ白・真っさらな状態のものだから…です)

8)白完にテロップを入れていく
(テロップというのは要するに字幕です。出演者が話した内容のコメントフォローや、説明スーパーや、左上や右上に記載されているサイドスーパーなど)

9)画完パケを完成させる
(画完パケというのは、ナレーションやBGMや効果音などの音を入れる前の時点での完パケ)

10)MAで音を入れる
(MAとは「Multi Audio(マルチオーディオ)」の略で、要するにナレーションやBGMや効果音などの音を入れる作業です)

11)完パケが出来上がる
(画完に音やナレーションを入れ込むことで、VTRとして、ようやく完パケが完成するのです)

いかがだったでしょうか。

ぜひ興味程度に覚えておいていただけると幸いです。


 

動画制作実績ご紹介

ブログ/お知らせ

お問合せ

動画制作・映像制作に関する事は、
どんなことでもお気軽にご相談ください。

土・日・祝休日10:00~19:00

03-6327-0867