Bruno 東京で動画制作なら
ビジネス映像制作専門のポライズンへ

ノンモン(な行|動画制作に役立つ用語集)

2016-09-10

ポライズン > 動画制作に役立つ用語集 > 用語集あかさたな行 > ノンモン(な行|動画制作に役立つ用語集)

ノンモン(動画制作に役立つ用語集)

ノンモン

ノンモンとは、主にテレビ制作の業界用語で、ただ単に音がない状態、無音状態のことを指します。正式には「non-modulatio」と言われますが、放送業界・映像業界ではノンモンで通っています。恐らくノンモンが「non-modulatio」という正式名称であることを知っている人の方が少ないと思います。

実は、テレビ番組やテレビコマーシャル(CM)では、最初の0.5秒(15フレーム)はノンモンに、無音にしなくてはいけない絶対的な約束事があります。例えば15秒間のテレビコマーシャル。あれは15秒間フルにBGMや効果音、ナレーションなどの音声が収録されているように見受けられますが、実は、15秒間の最初と最後の0.5秒(15フレーム)はノンモン(無音)です。

なぜわざわざそんな時間を設けているのかというと、それをしないとCMとCM(もしくは番組とCM)が繋がってしまうからです。音声が繋がることによりさっきのCMが続いていると勘違いしてしまう人もいるかもしれません。またそのことはスポンサーの迷惑にもなります。ノンモンという音声の区切りを設けていることにより、視聴者が違和感なくテレビを見ることができるのです。

0.5秒というのは一瞬とはいえ、それがズレてしまうとどこかチグハグなCMになってしまいます。だからこそ、我々のようなテレビ番組の制作者、そしてコマーシャル制作者は0.5秒(15フレーム)のノンモンには気を使わなくていけないのです。放送業界・映像業界を志している人は、業界に入るとノンモンという言葉を日々連発しますので、是非覚えておいてください。


 

動画制作実績ご紹介

ブログ/お知らせ

お問合せ

動画制作・映像制作に関する事は、
どんなことでもお気軽にご相談ください。

土・日・祝休日10:00~19:00

03-6327-0867