Bruno 東京で動画制作なら
ビジネス映像制作専門のポライズンへ

ブライダルムービー(は行|動画制作に役立つ用語集)

2016-09-10

ポライズン > 動画制作に役立つ用語集 > 用語集はまやらわ行 > ブライダルムービー(は行|動画制作に役立つ用語集)

ブライダルムービー(動画制作に役立つ用語集)

ブライダルムービー

ブライダルムービーとは、結婚披露宴やウェディングパーティー、二次会パーティーなどで上映するビデオ演出、ムービーによる余興の総称です。結婚披露宴やブライダルパーティーにおけるブライダルムービー演出は、近年では様々なムービー演出があります。その中で近年もっともポピュラーで代表的なムービー演出は、「撮って出しエンドロール」と言われるエンドロールビデオです。

「撮って出しエンドロール」とは、結婚式・披露宴当日の模様をプロのカメラマンがデジタル一眼ムービーで撮影し、その模様をリアルタイムで編集して披露宴の最後に上映する、文字通り「撮って出し」スタイルのエンドロールムービーです。

また、同じくらい定番となっている人気ムービーが「結婚式のプロフィールビデオ」と言われる、いわゆる新郎新婦の「生い立ち・出逢い紹介ムービー」です。誰が名付けたかは定かではありませんが、「プロフィールムービー」という名前の通り、新郎新婦(カップル)の誕生から育ち、歩みや想い出、岐路や出逢い、馴れ初めなどなど…、お二人のプロフィールを紹介する内容のビデオ演出となります。

この撮って出しエンドロール、プロフィールビデオがブライダルビデオ演出の代表格となります。その他、披露宴やパーティーのスタート時に上映する「オープニングビデオ」や、終了時に流す「フォトエンドロール」などが一般的かつ人気のブライダルムービーとなっております。また、新郎が新婦にサプライズプロポーズをする模様を隠し撮りしたりするような「サプライズビデオ」なども人気があります。

このページでは改めて、以下、主なブライダルムービー演出の種類をまとめておきます。

1.結婚式のオープニングムービー

新郎新婦の入場前に、インパクトのある映像と印象的なBGMで新郎新婦を迎え入れるビデオ演出です。同時に、列席ゲストを二人の世界に引き込み、披露宴やパーティーの期待感や会場の一体感を高めることを目的とするのがオープニングムービーです。入場直前の新郎新婦の緊張をほぐすという効果もあるようです。

2.結婚式のプロフィールムービー

文字通り、新郎新婦のプロフィールを列席ゲストに紹介すると同時に、ゲストに感謝を伝えるためのビデオ演出です。二人の誕生から生い立ち、青春時代。そして二人の出逢い。心が近づいたとき、気持ちが動いたとき。付き合うきっかけや馴れ初め、プロポーズから結婚に至るまでの人生の歩みをストーリー仕立てにして紹介する「感動の短編ムービー」です。

3.結婚式のエンドロールムービー

新郎新婦から当日列席してくれたゲストに向けて「来てくれてありがとう!」という感謝の意を伝えるのがエンドロールムービーです。新郎新婦の退場時に、写真やビデオと共にゲストの名前や新郎新婦からの感謝の言葉を添えて流す結婚披露宴のラストを感動的に彩るビデオ演出です。最近では挙式当日の模様をプロのカメラマンがデジタル一眼ムービーで撮影。それをリアルタイム編集し披露宴の最後に上映する「撮ってだしエンドロール」が人気です。

4.結婚式のサプライズムービー

新郎から新婦へ、また新婦から新郎へ。あるいは友人や家族へ。そして列席者から新郎新婦へ…。自分の周りの大切な人へ、日頃伝えることが出来ない感謝を行動や言葉で示し、相手を驚かせ喜ばせるために仕掛ける企画もののウェディングビデオです。
「誰かをビックリさせたい」「感激させたい」など、サービス精神旺盛な方の実施率が高いビデオ演出です。

5.当日のダイジェストムービー・記録ビデオ(番外編)

プロのカメラマンが結婚式・披露宴の流れ全てを撮影・編集して、後日納品する挙式当日の1dayダイジェストビデオです。これはプロフィールムービーやエンドロールなどと異なり、結婚披露宴やパーティーで上映するようなビデオ演出ではなく、挙式披露宴のあとに家族でゆっくり見るようなウェディングビデオです。

このように「ブライダルムービー」といっても、その種類は大きく分けて5つほどあります。


 

動画制作実績ご紹介

ブログ/お知らせ

お問合せ

動画制作・映像制作に関する事は、
どんなことでもお気軽にご相談ください。

土・日・祝休日10:00~19:00

03-6327-0867