Bruno 東京で動画制作なら
ビジネス映像制作専門のポライズンへ

採用映像・採用動画を制作するメリットと効果

2019-05-11

ポライズン > 動画関連コラム > 採用映像・採用動画を制作するメリットと効果

採用映像・採用動画を制作するメリットと効果

1.  エントリー数の増加につながる!採用映像・採用動画制作のご提案!

スマホが普及し動画での情報取集がより身近になった昨今、企業の採用活動においても「動画・映像」は欠かせないコンテンツになりつつあります

会社の認知を拡大したり、事業内容や社内の雰囲気を知ってもらったり、採用情報への興味を喚起したりするのに、動画が担う役割は年々広がっています。

また、志望動機を考えたり、さらには内定後・就職後のイメージを膨らませたりするのにも、動画は最適な情報伝達ツールとなります。

例えば、認知度の低い中小企業ならば、動画広告を活用して企業の魅力を発信することで応募エントリー数の増加を期待できます。

反対に、毎年何万人何千人という応募がある有名企業は、詳細な事業内容や求める社員像、厳しい仕事の現場も動画・映像の中でしっかりと見せることで、就職後のミスマッチを軽減できます。

このように、採用動画を通して企業理解を深めてもらうことで企業にとっても求職者にとってもWinWinとなり、お互いの就職活動・採用活動の成功につながります。

エントリー数の増加につながる!採用映像・採用動画制作のご提案!

売り手市場が続く昨今。

若い人材や労働力の確保がより激化している今、採用動画・採用映像で訴求することで自社の課題を解決し、競合他社に差をつけましょう。

 

ビジネスシーンで使う動画制作・映像制作のポライズンでは、採用動画・採用映像の制作&運用をご提案しており、企業の採用活動がより充実するお手伝いをさせて頂いております。

このページではタイトルの通り、応募エントリー数の増加につながり、ミスマッチをなくすための「採用映像・採用動画を制作するメリットと効果」についてご紹介します。


2.  採用映像・採用動画とは!?

採用映像・採用動画とは

採用映像とは文字通り、新卒採用・中途採用をする際に、求職者に対して自社の企業情報や採用募集情報などを直感的に、わかりやすく伝える動画です。リクルートムービーなどとも呼ばれています。

求職者の求める情報を短時間で効果的に伝えることが可能なのが採用動画です。

この採用映像を効率よく活用することで、求職者のエントリー数を増やしたり、求職者が企業に対する理解を深めてマッチング精度を高めていくことが期待できます。

限られた時間と接点の中で自社のことを十分に理解してもらい求職者の志望動機をより高めるために、近年、採用映像を制作し用意する企業や組織が増えています。

「採用動画」とか「採用映像」などと検索してみると、数珠つながりにたくさんの企業の採用動画・採用映像が見られると思います。

 

例えば、オーソドックスな採用動画ですと、以下のような内容を紹介をする動画コンテンツが多いように見受けられます。

▶︎ 実際に働いている先輩社員の日常業務に密着したプチドキュメント。

▶︎ 働いている先輩社員のインタビュー。

▶︎ オフィス紹介。

▶︎ 会社のルーツ歴史、事業展開。

▶︎ 応募職種や応募要項の案内。

▶︎ 具体的な仕事内容の紹介。

▶︎ 採用担当者や企業トップからのメッセージ。

▶︎ 教育制度やユニークなルール、福利厚生などの紹介。

▶︎ 内定者の座談会、新入社員×先輩社員の座談会(オフ会)。

 

企業のカラーや社内の雰囲気などが視覚的に伝わる動画・映像による採用案内は非常に効果的で、近年では民間企業だけでなく多くの公官庁も取り入れる傾向にあります。

パソコンやスマホで数分間の採用映像を見れば、家にいながらにして、OB・OG訪問をしたり、採用セミナーに行ったり、就職説明会に行ったのと同じくらいに、その企業をイメージできます。

学生が求める採用動画・採用映像イメージ

先輩社員に対する安心感や企業の成長イメージ、日々の仕事のやりがいなど、採用動画には「映像」だからこそ伝わる要素がたくさんあります。

1分間の動画はWebページ3600ページ分の情報量があると言われています。

美辞麗句を並べて文字ヅラだけで企業の魅力や会社のビジョンなどを書いても、それを読む学生たちは大変です。

しかし映像で見たら、雰囲気や空気感、手触り感も含め、様々なことが短時間で伝わります。

良いことだけを伝え目の前の課題だけを解決するのではなく、一緒に採用活動における課題を導いて解決していくことも我々ディレクターの役割です。

ポライズンでは、ベンチャーらしく勢いがあるインパクト大の映像から、大手企業ならではのスケール感が伝わる王道の映像まで、幅広いテイストでの映像制作が可能です。

 


3.  採用現場でこんな悩みや課題をお持ちではありませんか?

採用現場でこんな悩みや課題をお持ちではありませんか

採用活動をする上での課題は企業によって異なります。

多くの採用担当者が頭を悩ませている課題は、以下のようなことではないでしょうか。

▶︎ 学生の好感度を上げて入社意思を高めたい。

▶︎ 自社の強み、会社のビジョン・将来性をしっかりと印象づけたい。

▶︎ 学生に日常の仕事をする具体的なイメージを伝え、ミスマッチをなくしたい。

▶︎ 有名企業に学生を取られてしまい優秀な学生が応募してくれない。

▶︎ フランクな企業風土を学生に感じて欲しい。

▶︎ 業界のスケール感を伝えて求職者を惹きつけたい。

▶︎ 個性的で魅力的な社員をたくさん紹介したい。

▶︎ 採用活動において、同じ業種のライバル企業よりも目立ちたい。

▶︎ 説明会で上映する会社紹介や先輩社員の日常業務紹介ドキュメントを作りたい。

▶︎ 採用ホームページに採用動画をアップしてエントリー増につなげたい。

▶︎ 説明会を短く映像化して、遠方で来られない求職者にも接触したい。

▶︎ 採用シーズンが始まる前に、Youtubeで採用募集を流してみたい。

…など、採用担当者さんからさまざまな悩みをお聞きします。

 

このように採用の悩みは企業によって様々ですが、これらの課題を解決する武器(ツール)のひとつが、採用動画・採用映像なのです。

一度しっかりとした採用動画を構築し、撮影・制作しておけば、一つの映像素材を編集し直して、小分けのコンテンツにすることも可能です。

そして様々な用途でその映像をプロモーションに使うことができます。

採用映像の様々な使用シーン

例えば、

▷ 採用ホームページのコンテンツとしてアップする。

採用説明会や就職セミナーで上映する。

自社のYoutubeチャンネルで採用特集コンテンツとして流す。

企業のSNSの採用コンテンツとして流す

動画広告・CMとして採用応募を告知する

…など、様々なプロモーションが簡単にできるようになります。

また、いろいろなプロモーションをすればするほど、学生(特に若い求職者)の目に触れる機会も格段に増えます。

 


4.  採用映像・採用動画を制作するメリット

会社の魅力を動画・映像で伝えるメリットとは、一体なんなのでしょうか。

求職者(主に学生)から見た際の大きなメリットは、自分が働く姿がイメージしやすくなる、日々の仕事内容をリアルにイメージできる…など、採用動画がもたらす“映像ならではの情報量や温度感”を読み取ることができる点ではないでしょうか。

では、企業にとって採用動画・採用映像を制作するメリットはどういう所にあるのでしょうか!?

もちろん企業によってもメリットの捉え方は異なりますが、以下の3つは大きなメリットとなるのではないでしょうか。

採用映像・採用動画を制作するメリット

1. 事業内容や企業理念、やりがいなどを分かりやすく伝えることができる!

小売業やサービス業など身近な業種とは違い、大手商社やプラント系企業など我々消費者の日常生活からかけ離れた事業を手掛ける企業やスケールが大きすぎる企業の仕事内容というのは、とてもイメージしにくいものです。大企業や中小企業、特にBtoB企業などは、事業内容やサービス価値が表現しにくいケースが多々あります。しかし、動画なら事業内容や企業理念なども、とても分かりやすく表現し伝えることができます。

また就職活動中の学生は企業研究を進める上で、「日々の仕事内容」や「先輩社員」など働くイメージに関するリアルな情報を求めているので、現場で働く先輩社員のインタビュー動画などを制作しておくことで、企業に対してよりリアルで具体的なイメージを抱けるようになります。

2. 求職者の理解が深まることで、マッチング精度を高めることができる!

企業ドキュメンタリー番組やヒューマンドキュメント番組、企業をクローズアップしたテレビ番組などで反響が大きかった企業は、その後の採用応募者数が増加する傾向にあると言われています。またある調査では、採用に関連する動画を視聴することで企業への志望度が上がったと回答した人が60%を超えた…というデータもあります。

動画を通して企業のことをより深くより正しく理解してもらうことで、その企業が提供するサービスや社会性に共感を持ってもらうことが容易になります。同時にそこで働くスタッフや社員に対して親近感を持ってもらうことにもつながります。採用映像を見てもらうことで、自分が働く姿がリアルにイメージしやすくなり、単なる憧れや人気の高さによる応募が減り、結果としてマッチング精度の向上も期待できます。

3. ニッチな業界や無名の零細企業でも、動画を通して求職者の興味を喚起できる!

どこからでもインターネットにアクセスできる時代。魅力的で個性的な採用動画を用意してネット上に公開しておくことで、有名企業ではなくても、人気業界ではないニッチな業界でも、採用映像を通して認知や興味を獲得するチャンスが広がります。アピールしたい内容をしっかりと練りこんだ採用映像をひとつ作っておけば、会社説明会や採用セミナー、採用ホームページのコンテンツとしても強力な武器となります。また、自社のYoutubeチャンネル、SNS配信、動画広告・CMなど、そのほか様々なシーンでも活用できます。

新卒の採用活動期間が短縮傾向にある昨今、的確かつ魅力的に就活生に情報提供することが求められています。そのような時代には、情報伝達力が高い採用動画を制作し利用することは非常に有効です。

 


5.  求職者(主に学生)が求めるリアルな情報を映像化します

日本能率協会が調査した「ビジネスパーソン1000人調査(2013年版)」によると、「仕事内容と職場環境どちらを重視するか」という質問に対して、20代の若手社員は職場環境を重視する割合が高いのに対し、年齢を経るごとに仕事内容を重視する割合が増えています。

若者世代は、事業規模や事業展開、オフィス環境や教育制度、給与体系、人事制度、福利厚生などの職場環境(ハード面)を重視する傾向にあります。

しかし一方で、会社の社風、一緒に働く上司や先輩社員の人柄・雰囲気、教育制度の実施状況、仕事内容、仕事のやりがいなどのソフト面も、ハード面と同じくらいに重要視しているのも事実です。

ですので、制度や待遇といった「ハード面」だけではなく若者に合わせた「ソフト面」も整備しアピールすることが、企業には求められています。

売り手市場で採用難となっている企業にとって、ここを上手にアピールすることが重要になってくるのです。

求職者(主に学生)が求めているこれらの情報をわかりやすく整理して構成し映像化することで、求職者のニーズに応えることができ共感を得られるのではないでしょうか。

ポライズンでは、求職者(主に学生)が求めるリアルな情報を映像化し、採用動画へと落とし込みます。

例えば、以下のような内容の映像をコーナー分けして構成すると、求職者はより企業の魅力をイメージしやすい傾向にあります。

求職者(主に学生)が求めるリアルな情報を映像化イメージ1

求職者(主に学生)が求めるリアルな情報を映像化イメージ1

▶︎ 企業概要の紹介(会社の歴史、展開事業の内容など)

まずは企業概要、会社の歴史、展開事業、企業理念などを紹介しないと企業イメージの大枠がつかめません。サラッとした短い尺でもいいので、企業の大枠を紹介することをおすすめします。まずは、会社の目指している目標やビジョン、理念を映像でわかりやすく説明し、なんとなく伝わる程度でもいいので理解度を深めてもらうことが重要です。

▶︎ オフィス紹介

実際に勤めることになるオフィスの紹介です。この映像があるだけで、社内の雰囲気や会社のカラー(社風)、そこで働いているスタッフの人柄や温度感などが伝わります。なんとなく伝わる程度でもいいので、オフィスの紹介映像を通して社内の雰囲気を感じてもらうことが大切です。これらの映像は、ナレーションで紹介しても良いでしょうし、社員の人がオフィスを案内するスタイルにしても良いかもしれません。先輩社員が案内することで見ている求職者たちは、企業に対してより親近感が湧くかもしれません。例えば、工場で活き活きと働いているスタッフや会議室で激論をかわす真剣な社員の表情、働くスタッフの晴れやかな顔を紹介できると会社の様子がよく伝わると思います。

またオフィス紹介と共に、教育支援制度や福利厚生、社内のユニークなルールなどの紹介を入れても良いかもしれません。特に大企業を目指す学生たちにとっては福利厚生や人事制度、教育制度などの項目は気になるポイントとなります。

▶︎ 社員インタビュー(社長インタビュー)

実際に現場で働いている先輩社員のインタビュー。これは是非入れることをおすすめしています。日々の業務内容の詳細、どういう点にやりがいを感じるか、どういう所が難しいか、挫折して乗り越えた経験談、どのようなスケジュールで1日が進むのか、教育制度はどのくらいの頻度でどのようなものがあるのか、なぜこの会社を選んだのか、選んだ時のポイントとなった点は、入社前と入社後のギャップは、ランチはどこで誰と食べることが多いのか、…などなど。プラスなことだけではなく少しネガティブなことも交えてでも、求職者たち(主に学生)が知りたい「リアルに働くことをイメージできる要素」を入れることをおすすめしています。

▶︎ 先輩社員1日密着プチドキュメント

先輩社員が1日のスケジュールでどんな仕事をしているのか…という点に焦点を当てて1日密着し、具体的な業務の紹介をしていきます。日々のリアルな仕事風景をカメラで追いかけて、テレビのドキュメンタリー番組風にわかりやすく仕上げます。カッコイイ瞬間も、失敗して怒られている瞬間も切り取ることで、自分が実際に働いた時のリアルな日常をイメージしやすくなります。近年では採用のミスマッチも多いせいか、学生にも正しく仕事内容を理解してもらえるように会社説明会や就職セミナーで、このような採用映像を流すことが増えてきています。どんな人がどのような仕事を誰としているのか。これを最もイメージしやすい映像となります。

▶︎ 座談会

社員のインタビューと少し似ていますが、これも効果的な動画なので制作する企業が多いです。例えば、内定者同士でフランクに話してもらう座談会。あるいは新入社員と中堅社員の座談会。中途採用者と新卒採用者の座談会。内定者と中堅社員の座談会…などなど。伝えたい内容によって座談会の形式を変えることが多いです。実際に働いてみたリアルな感想や不満、不安だったこと、どう乗り越えたか…などなど、トーク番組をみている感覚で企業の情報収集ができてしまうので、見やすい採用動画と言えるかもしれません。

採用映像・採用動画について問い合わせる


6. 採用動画、採用映像のイメージ紹介

ここからは、インターネットで「採用 動画」とか「採用 映像」と検索すると出てくるリクルートムービーから分かりやすいものや個性的なものを紹介します。もちろんこれが全てということはありませんが、色々とご覧いただき貴社にとって近しいスタイルを模索してみてください。

以下の採用映像はわりとストレートな採用動画です。社員のインタビュー形式で日々の業務を紹介して行くようなスタイルの採用映像です。具体的でわかりやすく、とても見やすいのではないでしょうか。大手メーカーからIT企業、飲食系などなど、幅広い企業がこのスタイルの採用映像を取り入れています。

<採用案内の動画イメージ|例:IT企業(働く社員の職場風景・インタビュー)>

<採用案内の動画イメージ|例:小売業(働く社員の職場風景・座談会・インタビュー)>

<採用案内の動画イメージ|例:メーカー(働く社員の職場風景・インタビュー)>

<採用案内の動画イメージ|例:飲食(働く社員の職場風景・インタビュー)>

<採用案内の動画イメージ|例:メーカー(働く社員の職場風景・インタビュー)>

<採用案内の動画イメージ|例:介護施設(働く社員の職場風景・インタビュー)>


以下の採用動画は、テレビ番組さながらの採用動画です。ある職員に密着してドキュメンタリー風のコンテンツに仕上げています。ナレーターもテレビでおなじみの人気ナレーターを使うなどとても見やすく、日常業務や仕事のやりがいなどが伝わりやすい採用コンテンツです。

<採用案内の動画イメージ|例:メーカー(働く社員の密着ドキュメント風)>


以下の動画は採用とは直接関係ありませんが、これから社会に出て働く人や転職して新天地で活躍しようとしている人に対して、心が温かくなるようなストーリーを描いて見せてくれる動画です。

<採用案内の動画イメージ|例:鉄道会社(サプライズ風)>


こちらの採用動画は企画モノのリクルートムービーです。大手企業の社長が新卒採用の面接に挑戦してみるという企画で、これを見るとやわらかくて品のある会社の雰囲気や社長の人柄などがよく伝わってくる気がします。とてもユニークな採用の特別コンテンツではないでしょうか。

<採用案内の動画イメージ|例:人材(社長が面接にチャレンジ)>


以下の採用動画は、変化球的な採用動画のような印象があります。会社紹介や社員のインタビューなどは一切なく、よくわからないけれどこの会社おもしろそう、なんか温かみがありそう…というのを狙ったようなイメージ的な採用映像です。建築関連企業に、この手のユニークな採用動画が多いように見受けられます。

<採用案内の動画イメージ|例:建築関連企業>

<採用案内の動画イメージ|例:建築関連企業>


官公庁などでも採用映像を取り入れている組織は多くなってきております。以下の採用映像は尺は長めですが、丁寧に職務内容や職場環境などを紹介しているので、とてもわかりやすい採用映像ではないでしょうか。

<採用案内の動画イメージ|例:警視庁職種紹介>

<採用案内の動画イメージ・例:神戸市職員採用動画>


7. 最後に。まとめ。

簡単ではありますが、このページでは採用映像・採用動画を制作するメリットと見込める効果を紹介してきました。

皆さまも、自社の魅力が最大限に伝わる分かりやすい採用動画を作って、今後の採用戦線に備えてはいかがでしょう。

ポライズンでは動画・映像の撮影、編集、制作はもちろん、制作した後の動画の運用・活用もサポートいたします。

採用で活用する映像・動画、ご興味がありましたら、お気軽にお問合せください。

採用映像・採用動画について問い合わせる


タグ: ,,,,,

動画制作実績ご紹介

ブログ/お知らせ

お問合せ

動画制作・映像制作に関する事は、
どんなことでもお気軽にご相談ください。

土・日・祝休日10:00~19:00

03-6327-0867