Bruno 東京で動画制作なら
ビジネス映像制作専門のポライズンへ

「自分史」を映像で作ることの意義

2015-09-10

ポライズン > 動画関連コラム > 「自分史」を映像で作ることの意義

「自分史」を映像で作ることの意義

自分史制作を検討されている方の中には、「映像」でつくるか「本(書籍化)」でつくるか迷われている方も多いのではないでしょうか。当サイトでもそのようなお問い合わせが多いのが現状です。このページでは、ポライズンが「なぜ映像による自分史をおすすめしているのか」、その理由をご紹介しております。参考にして頂けますと幸いです。

映像で自分史を作る4つのメリット

1)気軽に見られる、また人にも共感を持ってもらいやすい
テレビのドキュメンタリー番組や映画のように、自分の生い立ちやこれまで歩んできた物語が映像化されることで、本よりもお客様の想いや記憶が伝わりやすくなります。

2)音楽やナレーションなどの様々な演出効果で、お客様の「個性」がより伝わる
映像の場合、本では出来ない演出効果が可能です。例えば、BGMに好きな曲を使用したり、ナレーションや効果音を付けたり、カラフルなテロップ(字幕)を載せたり…。大切な写真や映像に好きな音楽などを効果的に織り交ぜることで、テレビ番組さながらのドラマティックな演出が可能です。

3)自分の歩みやその時の気持ちを自分の「肉声」で伝えられる
自分史を文字で書き連ねるだけでは略歴的になりがちです。一方、映像の場合、お客様の思い出の地を巡る撮影をしたり、インタビュー撮影をしてお客様自身の言葉で語ることで、「お客様らしさ」をより伝えられ、感情移入しやすいのです。また、お客様の「肉声」を記録しておきたいと考えている子や孫の世代にも重宝されます。そのような子や孫の世代が、プレゼントとして贈るケースも多くなっています。

4)作品としてのエンターテインメント性が強い
以上のようなことから、自分史を映像で作ることは本よりも作品としてのエンターテインメント性が強く、家族や親戚、友人に見てもらいやすい傾向があります。皆で集まった時にはテレビで鑑賞でき、遠く離れた家族や友人にはパソコンでもスマートフォンなどでも見て頂くことが可能です。

こんなに違う!?映像と本の違い

映像  違い
見てもらいやすさ ページ数が多いと読む気が薄れがちな本に比べて、映像は長くても20 分程度。誰でも気軽に鑑賞できる。
感情移入のしやすさ 演出や効果を加えられる映像の方が、本に比べてより“お客様らしさ”や“エンターテインメント性”を出せるので、感情移入しやすい。
複数人での鑑賞 × 一人でじっと読む本とは違い、映像は皆でワイワイ鑑賞することも可能です。

このように、自分のストーリーを家族や友人などに気軽に見てもらうには、映像の方がより適しているのではないでしょうか。実際にポライズンに自分史映像を依頼された方からは「家族や親族で集まった時のステキな鑑賞物になった」といった声を頂くことが多いです。これは一例ですが、“自分の歩みを何らかのカタチで作品にしたい”とお考えの方はポライズンの自分史映像制作サービスを是非ご検討ください。


動画制作実績ご紹介

ブログ/お知らせ

お問合せ

動画制作・映像制作に関する事は、
どんなことでもお気軽にご相談ください。

土・日・祝休日10:00~19:00

03-6327-0867