「白完」とは、主にテレビ制作の業界用語で、完パケを作る前段の、テロップが入る前の状態の映像のことです。

テロップが一枚も入っていない状態の、画(映像)だけが出来上がった状態のVTRのことを言います。

ちなみに、白完は「シロカン」と読みます。

なぜ「白(シロ)」という風に呼ばれるかいうと、画(映像)だけは出来上がっているがテロップワイプなどが一切入っていない「真っ白な状態」「真っサラな状態」のVTRだからです。

ちなみに、テロップワイプなどが全て入ったものは、逆に「黒(クロ)」と言われます。

聞きなれない言葉「白完」。

放送業界・映像業界を志している人は、業界に入ると「シロ」「クロ」という言葉を日々連発しますので、是非覚えておいてください。

 

 

ちなみに、テレビ番組はどのようなスキームで作られているのか…ということも、ちょっとだけご紹介してみます。

ここでの説明は、ある1つの、5分くらいのコーナーVTRだと思ってください。

1)企画する

2)構成を練る

3)ロケハン(撮影場所などの下見)をする

4)ロケ台本を作る

5)ロケ撮影をする

6)当初の構成に沿って、まずは編集をする(取れ高によって随分と内容が変わる場合も多々あり…)

7)白完をつくる
(「白完」というのは、画だけを編集でつないで5分の尺にしたものです。まだテロップが入っていない状態のもの)
(なぜ「白」かというと、テロップが入っていない真っ白・真っさらな状態のものだから…です)

8)白完にテロップを入れていく
(テロップというのは要するに字幕です。出演者が話した内容のコメントフォローや、説明スーパーや、左上や右上に記載されているサイドスーパーなど)

9)画完パケを完成させる
(画完パケというのは、ナレーションやBGMや効果音などの音を入れる前の時点での完パケ)

10)MAで音を入れる
(MAとは「Multi Audio(マルチオーディオ)」の略で、要するにナレーションやBGMや効果音などの音を入れる作業です)

11)完パケが出来上がる
(画完に音やナレーションを入れ込むことで、VTRとして、ようやく完パケが完成するのです)

いかがだったでしょうか。

ぜひ興味程度に覚えておいていただけると幸いです。


動画制作&映像制作でご不明な点は、お気軽にお問合せ下さい!

ビジネス映像制作のお問合せ画像
ビジネスシーンで使う動画の制作、映像制作サービスのポライズンのホームページへようこそ!商品・サービスの紹介動画、イベント動画や展示会の映像、セミナーや採用・広報活動で活用する動画、お客様の声、CMやインフォマーシャル…など、ビジネスシーンで活用する動画制作、映像制作ならポライズンにお任せ下さい!ポライズンは「安心の価格」と「きめ細かな対応」で「高品質なビジネス映像を制作」するプロ集団です。
ビジネスシーンで使う動画の制作に関して何かご不明なことがございましたら、お気軽にお問合せくださいませ。

Pocket